その理由のことを免責不許可事由の恐怖

多くの方が、自己破産の手続きが済めば借金がなくなると思っておられるのですが、実は借金がなくならないこともあるのです。
というのも、借金がなくなるかどうかというのは、免責許可が下りるかどうかで決められるため、自己破産の手続きを行ったからといって必ずしも借金がなくなるとは限らないのです。
自己破産を行う場合、破産申立ての手続きを債務者が裁判所で行います。
申立てが受理されると、債務者の財産が差し押さえられて処分され、債権者に平等に分配されることになります。
大半の方が、財産を処分してもまだ借金が残った状態になります。
この残った借金を帳消しに出来るかどうかは、免責許可が下りるかどうかに委ねられるのです。
免責許可というのは必ず下りるというものではないことから、自己破産をしても借金が残るということが起こってくるのです。
免責許可が下りないのを免責不許可と呼び、その理由のことを免責不許可事由と言います。
借金の原因がギャンブルや浪費などの場合や、財産が差し押さえられる際に財産を隠していた場合、破産申立て時に虚偽の記載があった場合などは、免責不許可事由にあたり、免責許可が下りずに残りの借金はそのまま残された状態になってしまうのです。
自己破産をされる方は、それぞれの理由や状況があります。
免責不許可事由に当たるかどうかの微妙なラインの方も中にはおられます。
そういった場合は、裁判所の裁判官が免責許可を下ろしてもいいと判断をすることもあるようです。
これを裁量免責と特別に呼びます。

Leave a Reply